白髪の原因にはいろいろなものがあります。その一つに、酸素不足があるのですが、酸素不足と言っても体内の酸素が不足しているというわけではありません。髪の付け根部分でもある頭皮細胞や、毛髪細胞に酸素が不足してしまうと、黒髪が白髪になりやすくなってしまいます。

 

なぜ頭皮細胞や毛髪細胞に酸素が行き渡りにくくなってしまうのでしょうか?

 

もともと酸素や栄養素など、髪に必要な成分は、頭皮を通っている毛細血管を通して血液から運ばれてきます。しかし、いろいろな原因によって毛細血管の血流が低下してしまったりすると、血管の中でも末端部分の毛細血管から栄養素や酸素を受け取っている毛髪にとっては、美しい黒髪をキープできる十分な酸素や栄養素を受け取ることができなくなってしまいます。

 

毛細血管の血流が低下してしまう理由には、冷え性やストレスなどがあります。リンパ腺が詰まったりしても頭皮の老廃物が毛細血管を圧迫してしまうため、血行が悪くなってしまうこともあるようです。

 

頭部の酸素量を十分にすることが白髪を改善することにもつながるわけですが、誰でも簡単にできる改善法と言えば、頭皮のマッサージなどではないでしょうか。お風呂に入った時など、首から頭部にかけて優しくマッサージをすることによって、頭皮の細胞を刺激して、血行促進の効果が期待できます。あまり力を入れてゴシゴシとこすってしまうと、その刺激によって抜け毛や薄毛になってしまうこともあるので、力を入れずに優しく頭皮の皮を動かすような感じでマッサージしてみてくださいね。

 

また、ストレスをできるだけため込まないような生活習慣を持つことも、毛髪細胞の酸素不足の解消につながります。ストレスを感じると、血液の中で活性酸素が増加し、血液中の酸素を破壊してしまいます。慢性的なストレスを抱えていたりすると、血液中の酸素が慢性的に不足してしまうため、毛髪細胞にも十分な酸素が慢性的に行き渡らなくなってしまうので注意しましょう。

 

アマゾンで人気のヘアカラー商品を見る!

 

白髪対策商品 当サイト人気ランキングを見る!