白髪を減らす方法にはいくつかの方法がありますが、食べ物を使って白髪を減らすことも可能です。白髪を減らす、というよりは、白髪ができにくい体質や髪質を食べ物で作ることができる、と言ったほうが正確かもしれませんね。

 

・頭皮の柔軟性をアップする食べ物
髪が生えている根の部分は頭皮。その部分の頭皮細胞に十分な栄養素や酸素が行き渡るような食べ物を食べることによって、頭皮細胞の延長線ともいえる毛髪細胞にもプラスの効果が期待できます。頭皮の柔軟性をアップしたり、頭皮の血行を促進するためには、タンパク質やコラーゲンなどの栄養素がおすすめ。たとえば、ウナギ、鳥の皮、豚肉、ふかひれなどにはコラーゲンや良質のたんぱく質がたっぷりと含まれているのでお勧めです。

 

・髪に必要な栄養分を増やす
髪の主成分はタンパク質やアミノ酸ですが、その中でもアミノ酸の働きによって、髪のコシがアップしたり、髪を太くて丈夫にすることができます。アミノ酸が豊富な食べ物には、大豆製品や肉の赤み部分、乳製品や卵などがあります。

 

・メラノサイトに栄養素を与える
髪の黒さを担当しているのはメラノサイト。肌細胞に含まれているメラノサイトはシミや日焼けなどの原因となりますが、毛髪細胞のメラノサイトは、髪の黒さをキープするためには必要な成分です。メラノサイトの働きを促進する働きをしているのが、ミネラル成分の中でもカルシウムですから、カルシウムを十分に摂取すれば髪を黒くする効果が期待できます。カルシウムを豊富に含んでいる食べ物には、海藻類、牛乳、魚、豆腐、緑黄色野菜などがあります。

 

・アンチエイジング
老化現象のスピードを遅くすることによって、加齢による白髪ができにくくすることも可能です。その働きをしているのはビタミンC。ビタミンCを豊富に含んでいる食べ物には、緑黄色野菜やフルーツなどがありますが、その中でもブロッコリーには大量のビタミンCが含まれているのでお勧めです。

 

アマゾンで人気のヘアカラー商品を見る!

 

白髪対策商品 当サイト人気ランキングを見る!