加齢による老化現象、ストレス、食生活、生活習慣など、白髪ができる原因は様々ですが、白髪が頭部のどんな場所にできるのかによって、その白髪の原因を大体突き止めることができることはごぞんじですか?

 

こめかみや顔回りに白髪が現れやすい人は、もしかしたらストレスが原因で白髪を誘発しているのかもしれません。こめかみの周辺には神経がたくさん通っていて、脳と体との指令のやり取りをしています。疲れてきたり、ストレスを感じるとこめかみの部分が痛くなったりしませんか?それは、こめかみ周辺の神経細胞が疲れているということなのです。

 

そんなあたりにできる白髪は、神経細胞の機能低下によって周辺の毛髪細胞に十分な栄養や酸素が行き渡らないことで起こることが多いようです。自分自身ではっきり意識しているストレスもあれば、自覚していなくても体が反応してしまう場合もあるので、アロマでストレスを解消したり、お風呂や睡眠などでストレスを取り除くケアを心がけましょう。

 

頭のてっぺん部分に白髪が現れやすい人は、もしかしたら紫外線を無防備に浴びることによる白髪なのかもしれません。頭のてっぺん部分は、人間の体の中でも最も紫外線をもろに受けやすい部分。紫外線を受けることでその部分の皮膚細胞や毛髪細胞の活性酸素が増えて、酸素や栄養素を受け取りにくい状態になっているのかもしれません。帽子をかぶったり、できるだけ紫外線を無防備に浴びないような工夫が必要です。

 

こめかみ部分や頭頂部ではないけれど、いつも同じ場所に白髪ができてしまうという人もいますよね。その場合には、もしかしたら、髪を触る習慣が白髪を引き起こしているのかもしれません。たとえば、髪の分け目部分に白髪がたくさんできてしまったり、髪の癖を直すためにドライヤーをかける時間が長い場所があったりする場合には、その部分の頭皮をこすったりして刺激を過度に与えていることが、白髪の原因なのかもしれません。分け目は定期的に変えたり,ドライヤーは常に動かしながら一定の場所に長時間連続してかけることがないように気を付けることで解消できます。

 

アマゾンで人気のヘアカラー商品を見る!

 

白髪対策商品 当サイト人気ランキングを見る!