白髪にはいろいろな原因があります。

 

・加齢
アラフォーを超えた人に見られる白髪の多くは、加齢による白髪と言われています。髪の黒さを作っているメラノサイトという細胞は、加齢によって少しずつ機能低下してしまいます。メラノサイトが機能低下することによって、髪が黒さをキープできなくなり、だんだんと髪が白くなってしまうわけです。

 

・遺伝
白髪と遺伝の関係ははっきりと証明されているわけではありませんが、子供のころから白髪が多かったり、20代なのに白髪が多い人などは、遺伝性の白髪と言われています。自分だけ白髪が多いことによって精神的なストレスの原因にもなってしまうので、子供の白髪の場合には、白髪染めを使ったりして対応している人が多いようですね。

 

・疾患
白髪という症状が現れる貧血や胃腸疾患などもありますが、どんな病気でも、病気になると体の体力が奪われてしまうため、少ない体力は疾患を治療するために優先的に使われます。そして、あまり優先順位が高くないメラノサイトの活動などは一時的に機能低下してしまうために、白髪が現れることもあるようです。一時的なメラノサイトの機能低下による白髪の場合には、病気を治療して体力が回復すれば、白髪も自然に回復することが多いようです。

 

・生活習慣
喫煙、ストレス、運動不足、睡眠不足など、血行が悪くなるような生活習慣を続けていると、毛細血管隅々まで十分な栄養や酸素が行き渡らなくなり、それが白髪の原因になることもあります。生活習慣は自分で心がけることで改善できますから、できるだけ規則正しく疲れを翌日まで残さないような生活を心がけ、白髪の原因を減らすようにしたいですね。

 

・食生活
血行を悪くしてしまうような食生活をしていると、白髪が増えてしまうこともあります。皮脂が多い食生活、糖分の取りすぎなどはNGです。ビタミン類、ミネラル類、コラーゲンやタンパク質などを積極的に摂取することが、白髪予防につながります。

 

アマゾンで人気のヘアカラー商品を見る!

 

白髪対策商品 当サイト人気ランキングを見る!