老化現象の代表的な症状の一つでもある白髪。白髪とは、どのようなメカニズムで作られるのか,気になったことはありませんか?

 

私たちの黒髪には、メラニン色素が含まれていて、メラニン色素が多ければ多いほど、髪は黒くなります。しかし、加齢によってメラニン色素を作る機能が少しずつ低下してしまうため、髪に含まれるメラニン色素の量が少しずつ少なくなってしまいます。それが、髪が黒さを失ったり、白髪になってしまう原因となります。

 

アラフォーを過ぎると、少しずつちらほらと白髪が目立ち始めてくる人も多いと思います。自分自身の白髪を見てみると、髪の付け根からいつの間にか白い白髪が生えていたり、髪の途中から白髪になっていたり、白髪にもいろいろなパターンがあることに気が付くと思います。実際に黒かった髪が白髪に変身してしまうタイミングはそれぞれで、
・髪が生え変わるタイミングで白髪になる
・髪の途中でメラニンが不足し、そこから先が白髪になる
・病気などで突然白髪になってしまう
のパターンが多いようです。

 

加齢による白髪は老化現象なので、誰でも遅かれ早かれ白髪が現れてきます。しかし、若いうちから白髪が多くて困っている場合には、遺伝性の白髪だったり、栄養不足やストレスなど生活習慣が原因の白髪ということも考えられます。

 

遺伝と白髪の関係は、はっきりと解明されていない部分もあるようですが、遺伝によって若白毛になることも少なくありません。しかし、同じ家族は同じような生活習慣をしていたり、同じような食生活をしていることが多いため、生活習慣や食生活の中で特定の栄養が不足してしまうことが原因で、白髪になりやすくなっていることもあるようです。

 

白髪ができやすい人は、ビタミンやミネラル、タンパク質などメラニン色素の活動を活発にできる成分を積極的に摂取するように心がけながら、血行促進したり、内臓の働きを活発にしてあげるような生活習慣を心がけてみてください。もしかしたら、生活習慣を改善することによって白髪を改善できるかもしれませんよ。

 

アマゾンで人気のヘアカラー商品を見る!

 

白髪対策商品 当サイト人気ランキングを見る!